リトルバイリットル

イケメン、美女、ドラマ衣装、気になったことを紹介していきます♪

春から始めるスポーツ!運動不足解消のお手軽に始められるスポーツ

f:id:kazokutukuruzo:20160224122338j:plain

寒い冬が終わり、春が近づくと無性に気になるのが、ナマリきった体と、蓄積してしまった脂肪ではないでしょか。

寒いときには、外出するのもおっくうで、運動不足になりがちでしたから、知らず、知らずむくみや、脂肪を増やしてしまったことで、ボディラインに陰りが。。。

これから夏がくれば薄着にもなりますし海やプールに行く機会も巡ってきます。

気づかなかったことにしないで、まずは、ウォーミングアップがてらに気軽にできるスポーツから始めて運動不足の解消、むくみの解消をはじめてみませんか。


お手軽にはじめられるものをご紹介したいと思います。

春から始めるお手軽スポーツ

 

ウォーキング

f:id:kazokutukuruzo:20160224122356j:plain

お金をかけずに、かんたんに始められるといえば、ウォーキングですね。

ご自分のペースで好きな時間、無理なく好きなだけ楽しめるのが長く続けられる秘訣です。また激しい運動ではないので、老若男女関係なく始めることができます。

まずは、膝に負担の少ない運動から始めることがケガをしないカラダ作りをして徐々に、スポーツ感覚で負荷をかけていくことをおすすめします。

効果的なウォーキング方法は

姿勢が大事です。背筋を伸ばして、普段の歩き方より少し歩幅を大きくとり、ほんの少し早歩きになるくらいがいいと言われています。

ウォーキングの効果は正しい姿勢で行うスポーツ感覚のウォーキングは、血の巡りがよくなり脳に酸素を運ぶことにより頭の回転がよくなり、記憶力がよくなると実証されています。

ホルモンの分泌力がアップし、美容効果も高まります。またストレス解消にも効果があります。

 

ジョギング

f:id:kazokutukuruzo:20160224122411j:plain

ウォーキングより早く、ゆったりと走ることで運動不足解消やダイエットに効果的なジョギングもお手軽に始めることができる運動ですね。

効果的なジョギング方法

ジョギングも背筋を伸ばして正しい姿勢、正しい手の振りで走ることで、効果があがります。

また走る速度は、普通に会話ができるくらいの速度で走り無理をしないことが初心者や運動不足だった方には大事です。

とはいえ最初のうちから「正しいフォーム」にこだわらず、ウォーキングの延長のつもりではじめれるのが望ましいです。

ジョギングで得られる主な効果

体脂肪を効果的に燃焼させるのでダイエットにはとても有効です。

また、ウォーキング同様にストレスの解消に役立ち、心身をリフレッシュさせる効果があります。

「高血圧症」や「動脈硬化」、「糖尿病」などの「生活習慣病」の予防にも効果があると言われています。

 

水泳

f:id:kazokutukuruzo:20160224124821j:plain

水泳というと、どこかのスポーツジムに高いお金を出して、入会して通わないといけないというイメージがありますが、そんなことはなく、市が運営する市民プールなどは一回の利用料金が400円前後で利用できます。

夜遅くまではやっていないのがネックですが、休日などを利用して上手く利用してみてはいかがでしょうか。

今までなまっていたカラダを鍛え直すなら一番のおすすめはプールを利用することです。

水中でのウオーキングはカラダに負担をかけずに効果的な有酸素運動には最適です。

 

ヨガ・ピラティス

f:id:kazokutukuruzo:20160224122657j:plain

水泳やジョギングといった有酸素運動に対し、ヨガ・ピラティスは無酸素運動で主に体幹を鍛えます。ヨガ・ピラティスの違いとそれぞれの効果は、

ヨガ ⇒  ポーズをとって静止することで体のゆがみを治す
ピラティス ⇒ 常に体を動かしながら体幹を鍛えることでダイエット効果


ヨガ・ピラティスは運動不足解消トレーニングとしておすすめですが、更に効果をあげるには有酸素運動をプラスしてあげるといいですね!

筋トレ

f:id:kazokutukuruzo:20160224124531j:plain

自宅にいながら気軽にできるのは自重をつかう筋トレですね。

ある程度のところまでは、初心者でもかんたんに腹筋、背筋、腕立てなどは効果があります。

まずは、お金をかけずに筋量アップという方にはおすすめです。

ただし、無理をすると逆効果だったり筋を痛めたりしてしまいがちです。最初のうちは、少ない回数で丁寧に行うのが良いです。

 


おすすめの筋トレ方法は、

回数よりも一番辛いところでカラダを30秒から60秒固定することです。

腹筋なら上半身を床から少し浮かせて腹筋を使っている状態で60秒ほどキープそれを繰り返すことでかなり腹筋に負荷をかけることができます。

これならカラダ中に変な力を入れたりして筋を痛めるというようなことも防げます。

 

 

まとめ

いかがでしたか?
春になって、暖かくなり、スポーツに取り組みやすくなったときに気軽に始めやすいもをご紹介させていただきました。

寒いより、暖かい気候の中でカラダを動かす方が、ノビノビと動かしやすくケガも少ないです。

 

私のおすすめは、プールに通っての水泳ですが、ヨガやピラティスなどで体幹から鍛えるのも、理想のスタイルをキープするのにはとても大切なのでおすすめですね。

 

 

 

広告を非表示にする