リトルバイリットル

イケメン、美女、ドラマ衣装、気になったことを紹介していきます♪

藤岡弘さん真田丸の本多忠勝がグー!高身長を生かした演技で活躍期待!?

藤岡弘さんが、1月10日今夜からスタートの大河ドラマ「真田丸」で、徳川家康の側近中の側近である、本田忠勝を演じられています。


私も戦国時代や幕末が大好きなイチ男子ですので、本多忠勝は、大好きな武将の1人です。

歴史小説ではもちろんアクションゲームやシュミレーションゲームでも、有能な武将として描かれる本多忠勝を、超ベテラン俳優の藤岡弘さんが、どう演じてくれるのか楽しみで仕方ありません!


真田家がメインなのでどうがんばっても脇役に回らなくてはならないんですがね。

 

真田丸出演の藤岡弘さんは高身長、プロフィールが凄い!

 

藤岡弘さんの身長が高い!


身長180センチの長身。
1946年(昭和21年)生まれで、現在69歳。


藤岡弘さんの父親は、流派を名乗るほどの古武道の達人であり、母親も茶道、花道、琴の師範を務めたほどの方で、幼少より、武道の手ほどきや精神修行を行っていたとあります。


また、小学生の頃に父親の突然の失踪をきっかけに、家族は貧しい生活を送ることを余儀なくされ学生時代は相当な苦労をされたことが伺えます。



高校在学時には、柔道部の主将を務め、武道を通じ相当な忍耐力を養ったそうで、藤岡弘さんご本人が自己の長所として語られているので、相当に器の広い方だということがうかがわれます。後にも大きなターニングポイントのような出来事に複数、遭遇され、それを乗り越えてこられていることで、証明されています。


まさに侍です!
侍の定義についてはよくわかりませんが我慢強いというイメージ。


タフだというイメージは、本田忠勝の武勇伝にピッタリですし、時代劇や大河にもっともうってつけの俳優さんではないのか?と思います。

 

 

藤岡弘さんの出世作といえば?

藤岡弘さんといえば100人中100人が仮面ライダーの人と答えるでしょう!(30代後半以上の人なら。)

私も、リアルタイムで仮面ライダーを見ていた一人で、当時学校では、仮面ライダーごっこに、明け暮れ変身ベルトを持ち、変身ポーズを極め「将来は仮面ライダーになるぞ!」と夢みていたくらいでした。


残念ながら夢は叶いませんでしたが。笑


話ががっつり逸れてしまいましたが藤岡弘さんの仮面ライダーは、超有名な出演作品でしたね。

 


また、CMでは「せがた三四郎」のシリーズ化されたCMも大人気でした。


現在人気のAUのCMのように、続々、新CMが流れていたのを記憶しています。

  

藤岡弘の本田忠勝が本当に強そうです!

本多忠勝を一言でいえば、猛将です。
生涯で参加した合戦57回全ての戦場で、
ケガを一切負わなかったと伝えられています。

 
そしてブレない強さを織田信長にも「花も実も兼ね備えた武将である」と、(外見も中身も兼ね備えている、人情と義理も兼ね備えているという意味)評価されており、藤岡弘さんの武道の心得ある身のこなしや、過去の波乱に満ちた人生観を持つ藤岡弘さんならではの本田忠勝に魅力を感じ期待感が大きいです。

 

藤岡弘の過去出演作と演技の評価について

藤岡弘さんは、大河ドラマでは過去にも6作品出ていますが、1974年の大河ドラマ「勝海舟」の坂本龍馬役で大活躍しています。


めっちゃ強そうな坂本龍馬です。しかも、若い頃の藤岡弘さんかなりのイケメンです。その他ではたくさんのドラマや映画にも出演されていますが、

 

ハリウッド映画や香港映画などにも出演されており、その白熱の演技力を評価され、パリ・ファンタスティック&SF映画祭で批評家賞を受賞し、さらには、東京ファンタスティック映画祭でヒーロー賞を受賞し話題をさらったのです。


藤岡弘さんは世界に日本の本当のサムライを広めた先駆者だったのです。

 

まとめ

仮面ライダーでスター俳優となった藤岡弘さんは、その後も自身の能力をフルに発揮して映画ドラマで活躍されました。


日本古来の武士がとても似合う藤岡弘さんに今回の大河ドラマ「真田丸」の本多忠勝ははまり役だと思います。

広告を非表示にする